公開日:

最終更新日:

【海外市場調査の基本】5つのポイントに絞って紹介

日本国外での事業展開を検討している企業にとって、重要なのが海外市場調査です。

どのようなマーケティングを行っているのか、戦略を立てる際の要になる情報収集になるため、さまざまな企業が力を入れています。

では、海外において自社がどの程度参入できるのか、競争に勝つことができるのかを見極めるためには海外市場調査をどのように行えば良いのでしょうか。

この記事では、海外市場調査の基本ポイントや実際に市場調査を行う方法、さらにデスクリサーチの有用性について紹介します。

海外市場調査の基本となるポイントは5つ

扱っている商品やサービスによっても調査の方向性は異なりますが、まずは基本を押さえて市場調査を行わなければなりません。

ここからは、海外市場調査の基本となる5つのポイントや重要な理由、着眼点などについて見ていきましょう。

1.市場分析

まずは、参入を予定しているマーケットの市場規模を把握する必要があります。

売り上げや生産量、販売にかかわるさまざまなコストの試算など、事業計画を立てる際に必要になるためです。

現地市場のデータを収集し、日本の同一市場などと比較検討を行うのが一般的な市場分析方法になります。

また、すでに同業他社が進出しているマーケットについてリサーチするのであれば、企業イメージなどのデータ収集も必要になるでしょう。

情報収集を行う際は、現地のデータを収集・提供しているサービスなどを利用する方法があります。

2.消費者の分析

海外の場合、現地消費者の思考・心理・生活習慣などを把握することが重要になります。

日本と異なる文化や考え方をもっており、同じ商品であっても国や文化によって注目点やニーズが異なるためです。

日本で人気が出た商品だからと消費者分析をせずに安易に海外に進出した場合、思うように販売量が増えないような事態をまねく恐れがあります。

海外の現地ニーズを把握するためには、数値としてのデータを収集する定量調査を行うよりも定性調査が有効です。

「なぜ」「どのようにして」などの行動理由を定性調査で探ることによって、購買意欲の方向性が見えてきます。

3.競合の分析

海外市場調査を行う際に、競合企業の情報収集をすることで最適な事業戦略を立てることができます。

消費者の対象を絞り込んだ商品やサービスの展開ができるため、競合企業がいないマーケットへ進出するよりも戦略が立てやすい場合もあるでしょう。

特に、なんらかの現地ネットワークをもたない企業が海外進出を行う際には、事前に競合企業の傾向を読み解くなどの入念な調査が必要になります。

4.パートナー企業の分析

海外企業では、自社の商品やサービスを流通・生産してもらうパートナー企業との連携が欠かせません。

また、パートナー選びを行うためにも、現地の商習慣や流通形態を把握したうえで、最適なパートナー企業を選択する必要があります。

自社の強みを活かし、サポートしてくれるような現地でのノウハウを持っている企業を探すことが重要です。

5.規制についての分析

海外では日本国内とは異なる法規制があるため、事前に確認しておく必要があります。

円滑なビジネスを展開するためにも、現地の法律や規制で禁止されているものを把握するようにしましょう。

たとえば、日本では使用可能な原材料も海外では規制対象になっているようなケースです。

さらに、現地の労働者を雇用するにあたって、労務知識も必要になってくるでしょう。

雇用者の賃金平均や性格の傾向(勤勉かなど)なども、合わせて情報収集しておくとスムーズに海外進出できると考えられます。

【種類】海外の市場調査を行う方法を4つ紹介

海外の市場調査を行う4つの方法について紹介します。調査方法それぞれに利点や得意なことが異なるため、利用する際に比較検討してみてはいかがでしょうか。

現地調査

進出予定のマーケットに対し、アンケートを取る調査方法があります。現地で生活する人の実際の声を直接データ化できるのも現地調査の利点のひとつです。

しかし、この方法では対象国の言語が話せなければ情報収集を行うことができません。

外国語が話せるスタッフの採用や出張費にコストがかかるため、通訳を雇ったりほかの方法を利用したりすることもあります。

専門家へのヒアリング

海外の市場調査を行う際に、現地の情報に詳しい専門家に聞き取りを行う方法もあります。

また、専門家以外にも日本に在住している調査対象国出身者に、話を聞くこともできるでしょう。

反対に、現地で生活している日本人にアプローチする方法もあります。

この方法は特に、現地の習慣や生活している人の考え方など「定性調査」による情報収集に適しているのも特徴です。

調査会社への依頼

海外での市場調査を代行してくれる調査会社に依頼し、必要な情報を集めてもらうのも方法のひとつです。

専門の業者ならではの豊富なネットワークを駆使した情報収集が可能なため、自社だけでは知ることができないような情報も得られる可能性があります。

海外調査のノウハウを蓄積しているため、過去のデータと現在のデータを比較することもできるでしょう。

信頼性の高い情報を得られるため、費用をかけて徹底的にリサーチしたい情報がある場合におすすめです。

デスクリサーチ

インターネットを活用して現地の情報を入手する手段として「デスクリサーチ」と呼ばれる手法で海外の市場調査を行うこともできます。

市場調査の中でもっとも低コストで行えてハードルが低いため、調査に着手するのに便利な方法です。

しかし、海外のサイトなどをチェックする際には、現地の言語に精通している必要があります。

デスクリサーチで通訳が必要なときは、オンライン通訳や翻訳サービスなどを活用すれば現地に調査員を派遣するよりも低コストでデータ収集ができるでしょう。

自社で海外市場調査をするならデスクリサーチがおすすめ

自社で海外市場調査をするのであれば、デスクリサーチが最適です。なぜなら、現地へ足を運ぶ手間やコストをかけることなく、情報を手に入れられるからです。

海外市場調査の中でも、市場の特徴やトレンドといった基礎的な情報を調べたいときに向いています。

しかし、必要な情報を得るためには、デスクリサーチにおけるいくつかのポイントを把握しておく必要があります。

ここからは、デスクリサーチを行う手順の流れや実際に行う際の注意点について確認していきましょう。

デスクリサーチを行うのに必要なステップ

デスクリサーチを行う際に必要なステップは「必要な情報のリストアップ」「情報収集の多角化」「情報の精査と傾向の分析」がおもな流れです。

この3つの手順を飛ばしてしまわないように意識しながら、デスクリサーチを行うようにしてください。

探す前にどんな情報が欲しいのか明確にする
欲しい情報やリサーチの方向性を明確にし、必要以上にリサーチにかかる時間を削減するように工夫する必要があります。

検索キーワードを精査し、多角的な視点でもって情報を集める
複数の意見を踏まえて多角的な視点でデータを見る必要があります。都合の良いデータや一方的な意見などに左右されないように注意しましょう。

収集した情報から最適なデータを選んで、市場の動向やトレンドを調べる
収集したデータを精査して、本当に必要なデータのみをまとめます。

さらにデータをもとにして、市場動向や傾向、トレンド、今後のビジョンを読み解いて、海外進出のために必要な方向性を決定します。

デスクリサーチをする際の注意点

デスクリサーチを行う際には、いくつかの注意点を確認しておく必要があります。

まず、情報の掲載日やデータの発行年月を確認しましょう。できる限り新しいデータを収集するように意識することが重要です。

過去のデータがあるのであれば、新しいデータと比較して変化をチェックすることもできます。

また、著作権の取り扱いにも注意し、特に出典元が正確かどうかの確認も行いましょう。

収集したデータをもとに海外進出における戦略を決定するため、データそのものの信憑性はとても重要になります。

資料や図を引用する際、出典元は必ず記載します。「情報元のソース」を確保しておくのも忘れないようにしてください。

さらに、二次利用が許諾されているものなのか、使用料は必要ないかなども合わせてチェックしておく必要があります。情報はときに利益を生むものであり、すべて無償で提供されているとは限らないため、注意しましょう。

まとめ

海外市場調査は、海外進出によるマーケット拡大を図る際に欠かせない重要なものです。

企業によっては数年~数十年単位でリサーチや基盤づくりを行い、進出に踏み切るようなところもあるほど慎重さが必要になるものでもあります。

必要な情報が集まるまで海外市場調査に時間をかけ、データに裏打ちされた戦略をもって海外進出を成功に導きましょう。

(上記掲載の内容は、掲載日時点のものです。あらかじめご了承ください。)