通訳の依頼にかかる料金 | 利用シーンやクラスごとの相場

通訳を依頼したいと考えた際に気になるのは「依頼にかかる料金がどれくらい必要になるか」という点ではないでしょうか。

通訳の依頼にかかる料金は、通訳者のクラスや通訳形式、拘束時間や移動距離などさまざまな要素によって決定されるものです。

この記事では、通訳の形式にはどのようなものがあるのか、利用シーンや通訳クラスごとのおおよその相場について紹介します。

通訳の形式

通訳の形式も場面に合わせて選択することができ、通訳の依頼を検討する際には、どの形式で依頼するかを考えなければなりません。

ここからは、一般的な通訳の形式として多い3つの通訳方法について紹介します。

同時通訳

同時通訳は、ヘッドフォンなどを介して2~3秒遅れで通訳を行う形式です。

パネルディスカッションや国際会議などで利用されることが多く、通訳者は少し離れたブースなどで通訳を行います。

パネリストや会議参加者の会話内容を通訳し、音声を聴衆やテレビの視聴者に放送できる仕組みです。

マイクなどの音響機材だけでなく、同時通訳専用の機材の準備が必要になる場合が多くあります。

逐次通訳

逐次(ちくじ)通訳は、話の区切りごとに通訳を行う形式のものです。

同時通訳よりも時間がかかるものの正確性が向上するため、商談や海外視察、会食などの場面に適しています。

異国間の会議や商談で参加者双方に逐次通訳者をおく場合と、ひとりの通訳者が両方の通訳をこなすことがあるのも特徴です。

ウィスパリング通訳

ウィスパリング通訳は、依頼者の後ろでささやくように通訳を行う形式になります。

人が少ない商談や社内会議で利用されることが多く、通訳を必要とする参加者1~2名程度に行う形が一般的です。

通訳機材を活用すれば複数名にウィスパリング通訳を行うことも可能ですが、基本的には少人数向けの通訳形式になります。

通訳の依頼にかかる料金1.通訳者のレベルごとの相場

通訳者にも通訳スキルのレベルに合わせたクラスの分類があり、それぞれに相場が異なる特徴があります。

状況に合わせた活用方法ができるほか、特に重要な通訳依頼の場合、特定分野に精通している通訳者を指名依頼することも可能です。

ここからは、クラスごとのレベルや相場について見ていきましょう。

Sクラス

Sクラスは、医学・金融・IT・政治・法律などさまざまな専門知識を持つ通訳のエキスパートです。

同時通訳をはじめ、あらゆる通訳形式に対応可能なため、もっともレベルの高い通訳者が該当します。

通訳者によっては、専門的なスキルを持つことから個人名で知られるケースも少なくない希少な人材です。

相場は1日に8~12万円程度が主流ですが、契約内容によって異なるため、あくまで参考に留めておいてください。

Aクラス

Aクラスは、実務経験10年以上かつ高度な専門知識を持つ通訳者で、同時通訳や専門的な知識が必要な内容の会議にも対応できるレベルです。

逐次通訳なども安定したパフォーマンスを提供できるため、商談や政治的なシンポジウムなどの場面でも活躍しています。

相場は1日あたり5~8万円程度が目安です。

Bクラス

Bクラスは実務経験5年程度の通訳者で、ある程度の現場経験も持ったクラスになります。

会議や商談などの一般的なビジネスシーンに対応でき、ウィスパリング通訳や逐次通訳を主に行うことができるのも特徴です。

相場は、1日あたり3~6万円程度となっています。

Cクラス

Cクラスは実務経験1年以上の通訳者で、実務経験がほかのクラスより少ないレベルになります。

日常会話などの通訳は問題なくこなせるため、観光ガイドや歓迎・送迎会や会食などの場面で気軽に活用しやすいのも利点のひとつです。

相場は、1日あたり2~5万円程度となっています。

通訳の依頼にかかる料金2.利用シーンごとの相場

通訳の依頼にかかる費用は、通訳者のクラスだけでなく、利用シーンの状況によっても左右されます。

必要な機材や依頼する通訳者の人数なども含めて、総合的に算出して準備しておきましょう。

ここからは、利用シーンごとの通訳を依頼する際に必要な費用の相場について紹介します。

国際会議・シンポジウム

国際会議やシンポジウムなどは、専門的な用語を使用するためA・Sクラスの通訳者が選出されます。

テレビなどで見る機会の多い、国家元首の同士の会談などに参加している通訳者が主な例です。

1日あたり10万円前後が主流ですが、海外などへの同行が必要になるため複数日間依頼することも少なくありません。

また、機材や設備が必要な場合は、別途2~3万円の費用が追加で必要になります。

商談

同時通訳もしくは逐次通訳が必要になる場面では、A・Bクラスの通訳者が選出されます。

比較的専門用語が多い業種の商談などではAクラス、そうでない場合にはBクラスなどのようなイメージです。

半日で5~6万円、1日で7~9万円程度が相場になります。この場合も機材の準備費用などは別途必要になるため注意しておきましょう。

海外視察

海外視察では、逐次通訳あるいはウィスパリング通訳を活用することが多い傾向にあります。

そのため、Bクラスの通訳者が選出されることが一般的で、1日あたりの費用は5万円程度が目安です。

しかし、海外視察の場合渡航費や複数日依頼する必要も出てくるため、活用する場面に合わせて料金を確認する必要があります。

会食

会食などの場面で必要になるのは、日常会話レベルのウィスパリング通訳や逐次通訳がほとんどです。

そのためCクラスの通訳者が選出されることが多く、相場は3万円程度が目安になります。

半日での契約も多くありますが、費用は1日の60~70%程度必要になるため注意しなければなりません。

複数回依頼するのであれば、2回分の会食を昼食・夕食の1日に集約するなどの活用方法がおすすめです。

通訳の依頼にかかる料金3.通訳費以外にかかる費用

通訳の依頼にかかる費用は、通訳者にかかるもの以外にもさまざまなものがあります。

ここからは、通訳の依頼にかかる料金の通訳費以外に必要になる費用項目について見ていきましょう。

移動拘束費

交通費や宿泊費など、通訳者の移動にかかる費用も負担しなければなりません。

遠方への宿泊が必要になるような同行依頼の場合には、1日の通訳費の50%を拘束費として支払いを求められることもあります。

移動拘束費は遠隔通訳なのか、実際に会う必要がある通訳なのかで変わる費用のため、事前にどちらで依頼するかを検討しておきましょう。

オンラインなどでの遠隔通訳を依頼するのであれば、移動費が必要にならないため通訳費のみの支払いで済む利点があります。

機材費

同時通訳の場合は通訳専用の機材を使用するため、機材費が追加で必要になります。

赤外線送信機は2~3万円程度、通訳ブースの設置は2~3万円程度が目安です。

また、通訳音声を受信するレシーバーや、機器の設置やトラブル対応に必要なエンジニアを依頼する場合も追加で費用が必要になります。

オンラインで遠隔通訳を依頼する場合は、これらの機材が必要にならないケースもありますので、事前に確認しておくと安心です。

通訳サービスの予算や相場の目安については、以下のページで詳しく紹介しています。
「通訳サービスの予算・相場はどれくらい?インバウンド接客の不安をクリアに」
https://c-column.optage.co.jp/column/2019-11-25/136/

まとめ

通訳を依頼するには、依頼する状況や日数、人数なども含めて総合的に予算を準備する必要があります。

通訳者を派遣している企業によってもプランは異なるため、依頼する際には必ず事前に見積りをとっておくことが大切です。

(上記掲載の内容は、掲載日時点のものです。あらかじめご了承ください。)