クラウド通訳で活躍中の通訳さんにインタビュー。知られざる語学力や経歴を一部紹介!

クラウド通訳
  1. ● きっかけは映画俳優!?米系証券会社を経て通訳で活躍するAさん
  2. ● 中国から日本へ!日本語教室も主宰するBさん
  3. ● 地球の裏側ブラジルから!スキマ時間を有効活用するCさん
  4. ● まとめ

クラウド通訳の通訳さんは指名制ではありません。そのため、お客様がクラウド通訳にコールしたそのときに、待機していた通訳さんが対応しています。
毎回の着信に対応する人がどんな人か、利用のシーンではあまり意識することはないかもしれませんが、どんな人が働いているのか、気になりますよね?

そこで今回は、実際にどんな経歴を持った人が、なぜクラウド通訳の通訳さんをしているのか、インタビュー形式でご紹介します。
クラウド通訳では、5ヶ国語で24時間の対応を行なっているのですが、今回は英語、中国語、ポルトガル語の通訳さんをされている3名の方のお話を伺いました。

きっかけは映画俳優!?米系証券会社を経て通訳で活躍するAさん!

神奈川県に住むAさん。クラウド通訳では3年ほど活躍されています。
以前は外資系証券会社で働いており、ビジネス経験も豊富。家事との両立のため、スキマ時間を活かした働き方を希望されており、予定がなければ毎日、9~19時頃までシフトを入れているそうです。

どのように英語を習得したのですか?

17年ほど前に見た映画に出演していた俳優さんを好きになり、少しでも距離を近づけるために英語を学ぼうと考えたのがきっかけです。
最初はネットでペンパルを探し、メールでのコミュニケーションで英語の文章を学びました。次にやったのは、日本で外国人が多い場所を訪問して、積極的に会話でのコミュニケーションをとることでした。
その後、アメリカの証券会社の日本支社に勤務して、ニューヨークの本社やシンガポール支社の担当をする中で、英語でのメールや電話といった実務を通して、ビジネスで通用する実践的な英語のスキルを磨きました。

これまでのビジネス経験・通訳の経験について教えてください

先述の外資系企業には4年間勤務しました。その他に、3年半ほど飲食店のバイリンガルスタッフとしての経験もあります。個人経営のバーでしたが、米軍基地が近いこともあり英語話者のお客様が多く、自身での接客以外にもオーナーとお客様の通訳としても対応していました。

クラウド通訳での仕事を始めたきっかけは何ですか?

英語スキルを生かしたデスクワークの仕事を探していたのですが、今住んでいる周辺では募集が少なく、都心部へ通勤が必要な募集が多かったのです。
長時間の通勤は避けたかったので、語学力を活かした在宅ワークを探したところ、クラウド通訳の募集を見つけました。これだ!と思って応募したのを覚えています。
初めてのリモートワークでしたが、採用までのプロセスが早く、コミュニケーションもしっかり取れていたので、不安に感じることはありませんでした。

クラウド通訳の仕事

クラウド通訳での仕事の中で工夫していることはありますか?

基本的なことですが、スムーズに理解できなかった用語はすぐに学習し、次に同じ言葉が出ることがあればきちんと通訳できるようにしています。
また、笑顔で元気に話すことが自分の長所だと思っているので、対応の際も常に表情を意識しています。

運営担当さんから一言!

ご自身の言葉通り、笑顔でハキハキと対応いただける通訳さんです。1件1件しっかりと対応し、お客様からの評価も高く、コミュニケーションサポートを楽しんでいる印象で、信頼している通訳さんの一人です!

中国から日本へ!日本語教室も主宰するBさん

中国東北部出身、今は神奈川県にお住いのBさん。2012年に来日される前から通訳として活躍し、現在は中国の方向けにオンラインで日本語教室も主宰されています。
教室とクラウド通訳それぞれ半日ずつでスケジュールを組んで、Wワークの両立を実現しています。

どのように日本語を習得したのですか?

大学時代に日本語を専攻していました。特にドラマや新聞をみて、自然な言い回しを習得していきました。卒業後は日本人向けの観光ガイドをしており、日本に来てからは仕事をする中で実際のコミュニケーションを通して学習を継続しています。

これまでのビジネス経験・通訳の経験について教えてください

中国では、3年ほど旅行ガイドとして観光で来られる日本人の案内をしていました。観光地をガイドするだけでなく、ホテルやショッピングに帯同して通訳も行なっていました。主に家族旅行や少人数のグループに対応していたので、きめ細やかなサービスが求められました。
2012年に日本に来てからは、東京ビッグサイトで開催される即売会や展示会での通訳対応を長く続けています。内容はジュエリーから食博まで様々です。また、中国人ビジネスマンに帯同して通訳として商談に参加することもあります。

クラウド通訳での仕事を始めたきっかけは何ですか?

中国で勤めていた旅行会社を退職した後、中国人向けのオンライン日本語教室を始めました。時間に余裕ができたため、副業としてテレワークでできる仕事を探していたときに、クラウド通訳の募集を知ったのがきっかけです。
旅行会社に勤めていた経歴と、通訳案内士や旅行取扱管理者の資格を持っていたこともあり、日本でのインバウンド向けのサービスに運命を感じて、すぐに応募しました。

クラウド通訳

クラウド通訳で働いていて、記憶に残っているエピソードを教えてください

小売店で、優待チケットの適用を希望するお客様への対応が印象に残っています。優待チケットは中国にいる友人が持っており、当日お店にはお持ちになれなかったのですが、優待を適用してほしい、という希望でした。状況把握のための通訳から始めて、最終的にはお客様から「通訳さんから精いっぱい伝えてください!」と頼まれてしまいました。
店舗スタッフ様側でご検討いただき、結果的に後日チケットを郵送することを条件に、優待チケットと同等のお取り扱いをすることになりました。店舗スタッフ様とお客様双方にご納得いただける対応ができたと思います。

クラウド通訳での仕事の中で工夫していることはありますか?

2つあります。まずは、中立の立場を心がけること。トラブル対応では、店舗スタッフ様の立場に立ってお客様へ説明すると同時に、お客様に買い物や体験を楽しんでいただけるように気をつけています。
次に、ご要望を引き出し、お客様が楽しめるような提案や、人が対応するからこそできる通訳をするように心がけています。簡単な通訳であればAIで代用できる時代ですが、人間がする接客にしかできない価値を提供したいと思っています。

運営担当さんから一言!

来日歴も長く円滑なコミュニケーションができ、日本語力も充分以上です。新しい取り組みをする際は、積極的に協力してくださる通訳さんで、クラウド通訳全体の改善にも貢献していただいています。

地球の裏側ブラジルから!スキマ時間を有効活用するCさん

ブラジル在住のCさんは、ポルトガル通訳さんとして活躍中です。結婚を機に日本とブラジルを行き来する生活になり、現在はブラジル在住。
昼間は別のお仕事をされており、現地夜間にクラウド通訳で働かれています。日本にいたときも、別のお仕事や家事と平行してクラウド通訳の通訳さんをされていたそうです。

どのようにポルトガル語を習得したのですか?

ブラジル人と国際結婚婚し、ポルトガル語が全く話せないままブラジルへ移住しました。夫は日本語が話せるのですが、同居していた夫の家族は日本語も英語も話せず、コミュニケーションには一番苦労しました。
辞書を片手にポルトガル語でコミュニケーションをしていましたが、生活していくうえで必要だったので、一念発起して現地の大学にあるポルトガル語コースを受講して勉強しました。

これまでのビジネス経験・通訳の経験について教えてください

ブラジルにある日系化学系メーカーに3年ほどエンジニアとして勤務していました。日本人は1割ほどでしたので、通常業務の他に社員同士のコミュニケーションをサポートしたり、日本の本社とのテレビ会議で通訳をすることもありました。
現在はフリーランスとして、日本語とポルトガル語の翻訳を2年ほどしています。

クラウド通訳での仕事を始めたきっかけは何ですか?

日本とブラジルを行き来することが多く、今はブラジル在住ですが将来的に日本に戻る可能性もあります。
インターネット環境を整えれば、場所を選ばず仕事を続けられるのが魅力で、クラウド通訳でのお仕事を始めました。また、希望に応じてシフトを申請できる点も、働きやすくてとても良いです。

クラウド通訳で働いていて、記憶に残っているエピソードを教えてください

調剤薬局で、外国人の方でお子様が発作を発症している状態で来店された時の対応が記憶に残っています。お子様が苦しんでいることもあり、ご両親も店舗スタッフ様も慌てた様子でしたが、処方薬が6種類ほどと多く、いつも以上に丁寧な説明が必要な状況でした。
店舗スタッフ様からの薬の処方の説明が1つ1つ丁寧でしたので、私の方もしっかりと通訳をしていくと、ご両親も徐々に落ち着きを取り戻し、最終的には患者様にもご両親にもよく理解いただける説明ができました。
店舗スタッフ様は、通訳がしやすいように簡単な日本語で説明をしてくださっており、連携して高品質な接客対応ができたと思っています。

クラウド通訳での仕事の中で工夫していることはありますか?

日本人スタッフの方も言葉が通じない外国人の方が急に来店すると、慌てたり緊張したりすることもあります。そういった状況でも、こちらは焦ることなく、しっかりとスタッフ様とコミュニケーションをとり、行き違いがない通訳を常に心がけています。
また通訳対応では、日本語も外国語もゆっくり話し、できるだけ聞き取りやすいように工夫しています。

運営担当さんから一言!

問い合わせ内容が専門的な利用が多い言語です。通訳誤りがご来店された患者様のお体に影響を及ぼす可能性があるので、通訳の正確性だけでなく責任感をもって対応いただいています。

まとめ

オンライン通訳をまだお使いになったことがない方も、すでにご利用いただいている方にも、それぞれの通訳さんが、プロフェッショナルとして働かれている状況がよくわかっていただけたのではないでしょうか。

クラウド通訳では、5ヶ国語で24時間の対応を行なっています。まずは1ヶ月の無料体験でご利用をお試しください。無料体験のお申し込みはこちらから。
その他、サービスについてもっとよく知りたい方、ご利用のご相談をされたい方はこちらをご覧ください。

また、インターネット環境さえあればどこでも働ける、というのはクラウド通訳で通訳さんをする方達の大きなメリットです。
クラウド通訳での働き方、シフト制ってどんな風なの?という疑問をお持ちの方は、ぜひ「クラウド通訳の通訳さん情報を公開!語学力・実際の働き方に迫る」の記事もご覧ください。

関連記事:
クラウド通訳の通訳さん情報を公開!語学力・実際の働き方に迫る