インバウンド対応を強化!ポイントや役立つサービスも紹介

訪日外国人観光客が増えるにつれ、経営者側に求められるのはインバウンド対応の強化です。

ストレスフリーで訪日外国人観光客がショッピングすることができるように、どのような対策を講じることができるのでしょうか?また、現場で対応する従業員の負担を軽減するために、どんなことを行うことができるのでしょうか?

ここでは、インバウンド対応を強化したいと考えている経営者の皆様のために、インバウンド対応のポイントや役立つサービスについてご紹介します。

インバウンド対応を強化するためのポイント

インバウンド対応を強化するためには、訪日外国人観光客の不便を解消するための対策を講じることが求められます。

そのためには、訪日外国人観光客がどんなことに不便を感じているのか理解し、それを解消するためにどんなことを行う必要があるのか具体策を講じなければなりません。

インバウンド対応を強化するための代表的なポイントは、以下のとおりです。

多言語への対応

訪日外国人観光客の多くは、言語の壁に不便さを感じています。「言いたいことが伝わらない」「相手の言っていることが理解できない」というもどかしさは、海外旅行をしたことのある方なら幾分か理解できることでしょう。

特に日本ではアルファベット表記が少ないため、案内などを自分の目で見て確認するということもできず、外国人観光客がストレスを感じる場面も多いといいます。

インバウンド対応を強化したいなら、サービスや店内表記などを多言語対応にするなどして、訪日外国人観光客が言語の面で不便を感じなくて済むような環境を整えましょう。

通訳に使えるツールやサービスを活用することもできます。スマートフォンやタブレットの翻訳機能を活用して、外国人観光客とコミュニケーションを図ることもできるでしょう。

可能であれば、従業員への言語教育を考えることもできます。時間も費用も求められる方法ですが、外国人観光客へのおもてなしの気持ちを示すことができるというメリットがあります。

結果として、お店の評判の向上にもつながりますので、従業員への言語教育の可能性について考えてみることには価値があるといえるでしょう。

受け入れ環境の整備

訪日外国人観光客の多くは、スマートフォンを使って、観光地をリサーチしたり、宿泊施設を予約したりすることが少なくありません。

しかし、日本ではWi-Fi環境が足りていないため、利用したいときに利用できないことに、多くの訪日外国人観光客が不便さを感じています。

また、最近ではキャッシュレス決済の導入が進みつつある日本ですが、それでもほかの先進諸国に比べると、現金での支払いを求められるケースが少なくありません。

そのため、買い物をしたいものの、現金が足りないために購入できないという不便さを感じる訪日外国人観光客も多くいるようです。

インバウンド対応を強化するためには、通信環境を整えること、キャッシュレス決済を導入すること、といった受け入れ環境の整備が求められています。

補助金などの制度を利用する

多言語対応をする、Wi-Fi環境を整える、キャッシュレス決済を導入するといったインバウンド対応の強化には費用がかかります。

訪日外国人観光客のための受け入れ環境を整えたいものの、それに伴う費用を負担することが難しいと感じる経営者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような場合は、政府や地方自治体でインバウンド対策をサポートする補助金などの制度を設けているので、利用を検討してみると良いでしょう。

代表的な例として、東京都の「インバウンド対応力強化支援補助金」があります。

補助金の対象となるのは、都内の民間宿泊施設、飲食店、免税店、インバウンドの受け入れに取り組む中小企業などです。

応募して補助対象として認められれば、一定の補助金が支給されます。それをインバウンドの受け入れ環境の整備などに利用することができるのです。

インバウンド対応を強化していくためには、補助金などの制度の利用を検討してみるのも良いでしょう。

インバウンド対応に役立つサービスやツール

インバウンド対応を強化するためのポイントを理解したところで、実際に対策を講じていきましょう。

多くの企業やお店では、インバウンド対応に役立つサービスやツールを導入することで、外国人観光客の不便さを解消するための対策を講じています。

実際にどのようなサービスやツールがあるのか、ご紹介していきます。

通訳のサービス

訪日外国人観光客がぶつかる言葉の壁。その問題を解消するために、さまざまな通訳サービスが増えてきています。

通訳サービスには、大きく3つの種類があります。通訳者を派遣して対応するタイプ、音声通訳機、オンラインで人が対応するタイプです。

通訳者を派遣するタイプだと、大事な会議などのシーンでは重宝するものの、お店に来店する外国人観光客の対応のために依頼するのは現実的ではないでしょう。1日当たりの費用が高額ですし、大きなお店であれば数人の通訳者を派遣してもらう必要が出てくるからです。

音声通訳機については、長文翻訳が難しい、正しい文法で話さないと正しく翻訳されないといったデメリットがあるものの、比較的安価に利用できる、手軽なコミュニケーションに適しているといったメリットがあります。

オンラインで人が対応するタイプでは、人を介した通訳のため、細かなニュアンスも通訳が可能です。

必要な時に、スマートフォンやタブレットで通訳者を呼び出し、通訳を頼むことができます。

「クラウド通訳」はシンプルな料金プラン、通信機器のレンタルなど、サポートも充実しているので安心です。通訳サービスの利用を検討されているなら、まずは1ヵ月の無料体験をお試しください。
https://optage.co.jp/co-creation/crowdtsuyaku/index.html

コンサルティングサービス

インバウンド事業をサポートするコンサルティングサービスを利用し、インバウンド対応の強化を図ることもできます。

対象は、飲食店から地方自治体まで幅広く、コンサルティング会社のサポートを受けることで、訪日外国人観光客の集客アップや売上増加のための具体策を得ることができるでしょう。

マーケティングや戦略立案のほか、訪日外国人観光客の受け入れ環境の整備など、コンサルティング会社によってサービス内容はさまざまです。

なので、コンサルティング会社を選ぶ際は、その会社の専門ジャンルや実績などを確認して、ニーズにマッチングする会社を選ぶようにしてください。

インバウンド対応に役立つアプリ

スマートフォンやタブレットのアプリを活用すると、コストを抑えつつインバウンド対応の強化を図ることができます。

例えば、キャッシュレス対応のアプリをインストールしておき、専用のICカードリーダーと組み合わせれば、カード決済に対応することができます。

観光情報の紹介アプリや乗り換え情報アプリを準備しておけば、訪日外国人観光客におすすめの観光地やアクセスの仕方を尋ねられたときに活用することができるでしょう。

まとめ

インバウンド対応を強化するためには、多言語対応をする、受け入れ環境の整備を行うということが求められます。政府や地方自治体が設けている補助金などの制度を活用すると、コストを抑えつつインバウンド対策に力を入れることができるでしょう。

最近では、インバウンド対応に役立つサービスやツールが数多くあるので、それらのものを利用することもできます。オンラインの通訳サービスや各種アプリを利用すれば、コミュニケーションの問題の解決や、キャッシュレス対応など、訪日外国人観光客が求めるサービスを提供することもできます。

インバウンド対応の強化のために、専門家のアドバイスが欲しい場合は、コンサルティング会社のサポートを受けることもできるでしょう。

(上記掲載の内容は、掲載日時点のものです。あらかじめご了承ください。)